初めての株式公開買い付け(TOB)備忘録

2018年10月23日(火)、シーズ・ホールディングスがアメリカのJohnson&Johnson(J&J)に買収される発表がありました。
買収は52%の株をTOB(株式公開買い付け)で行い、その後創業者の株を取得し、買収後シーズ・ホールディングスは上場廃止になるということです。
TOBは2018年10月29日(月)〜2019年1月10日(木)に1株5900円で買い付けるというものです。

 

私はTOBに応募したことがなかったので、今回は良い経験になりましたので経緯をここにメモします。

 

TOBで株を売るにはどうすれば良いのかですが、以下のようになっているようです。
TOBを行う証券会社が決まっていて、その証券会社の口座でTOBに申し込んで売ることになります。

 

シーズ・ホールディングスのTOBはSMBC日興証券が行います。
私のシーズ・ホールディングスの株は松井証券の口座にあるので、まずSMBC日興証券に口座を作り、その口座にシーズ・ホールディングスの株を移管することになります。

 

TOBは証券会社に新たに口座を開かないといけないので、面倒だと思い市場で売ることにしました。


TOBは敵対的TOBであれば市場価格がTOB価格を上回る値がつくことがあるそうですが、今回は友好的TOBなので市場価格はTOB価格までは行きそうもありません。
松井証券では、50万円以上100万円未満で2000円の手数料が必要ですので、100株では1株当たり20円の手数料がかかります。
そこで私は5900円から20円を引いた5880円がとりあえずは売値の上限かなと目星をつけました(手数料が松井証券より安かったり、取引額が大きければ1株当たりの手数料は下がる訳なので)。

 

シーズ・ホールディングスの株価はTOBが公表された火曜日の翌日からTOB価格に追いつくまで水曜日と木曜日の株価は売買無のストップ高で推移しました。
金曜日はTOB価格に追いつきますので、私は5880円の指値で600株売りに出しました。しかし、引け値は5880円だったのですが全く売れませんでした。
TOB開始の2018年10月29日(月曜日)も5880円で600株売りに出したところ500株だけ売れました。引け値は5840円です。引け値は予想以上に下がっています。
100株残ったので、金曜日(11/2)まで5880円で指値は続け、並行してTOBの準備もしようかなと思いSMBC日興証券について調べてみました。
 

SMBC日興証券はホームページから口座開設申請書を印刷することができ、申請も郵送で行えます。証券会社に行く必要がありません。またイージートレードと言って、ネット証券である松井証券のように、ネットだけで取引ができます。
さらに1取引での取引金額で比較すれば、10万円以上の手数料が松井証券より安いです。
(松井証券は1日の取引金額で手数料が設定されていて、1日複数取引ですと松井証券の方が安いです。10万円未満は手数料無料ですし)
松井証券とSMBC日興証券を使い分ければ手数料を少しですが安くできそうです。口座を開くだけでも良さそうです。
ということで、SMBC日興証券に口座を開くことにし、週末金曜日(11/2)までに5880円で売れなければTOBすることにしました。

 

TOBは以下の手順で進めていきます。
1.TOB担当の証券会社に口座を開く
2.TOB株がある証券会社に移管申請を行う(移管申請には移管先証券会社の情報が必要)
3.TOB担当の証券会社の口座に株が移管された後、TOBに応募する

 

<1>SMBC日興証券に口座を開く

 

翌日火曜日(10/30)、SMBC日興証券のホームページから口座開設申請書を印刷し、申請書への記入と添付書類を作成しました。
添付書類は2種類用意する必要があり(ホームページに記載があります)、私はマイナンバーカードのコピーと運転免許証のコピーを用意しました。

※スマフォでマイナンバーカードと運転免許証の写真を写して、スマートフォンアプリから口座開設すれば郵送する必要がないので、その方が切手代が節約できます。私は既にマイナンバーカードと運転免許証の画像がパソコンにあったので、スマフォでの写真撮影の手間をかけない方を切手代節約より優先しました。

口座開設の準備を進めていると、SMBC日興証券から今回のTOBについて案内書が割と厚めの郵便物で届きました。
この案内書にTOBの手順等が載っていますので、この案内に従って進めていけば良いようです。
その日の夜、SMBC日興証券に口座開設申請書と添付書類を投函しました。

 

金曜日(11/2)までに結局5880円で売れなかったのでTOBすることに決心しました。

 

翌週火曜日(11/6)に日興証券からSMBC日興証券カードが、水曜日(11/7)に暗証番号が届きました。2つとも書留郵便で届きますので、昼間家にいない人は受け取りが遅れそうです。

 

<2>松井証券にシーズ・ホールディングスの移管申請を行う

 

松井証券のホームページから移管申請書を印刷し、移管申請に必要事項を記入します。
申請書に記入する項目に「加入者口座番号」蘭があったのですが、日興証券から送られてきた書面には記載されていません。
SMBC日興証券のマイページにログインし契約者情報をみたのですが、加入者口座番号に該当する番号欄は空白になっています。
その蘭にあるリンクをクリックすると当該番号の採番方法が書いてあったので、採番した番号を加入者口座番号に記入しました。
(ところが、これが大間違いでした)

 

木曜日(11/8)に松井証券宛てに移管申請書を投函しましたが、翌週木曜日(11/15)になっても松井証券の口座にシーズ・ホールディングスが残ったままになっています。
心配になって松井証券に問い合わせたところ、加入者口座番号が機構(たぶん移管時に証券会社間の仲介をする組織)に登録されるのを待っているという回答でした。
そこで、SMBC日興証券から送られてきたTOB案内書に記載されたTOB専用ダイヤルに電話したところ以下の回答でした。
TOBのため新規に口座開設した場合、加入者口座番号はSMBC日興証券に電話して採番・登録してもらうということです。
その他、口座開設後に株取引をすれば、その時に採番・登録されるそうです。
TOB専用ダイヤルへの電話で加入者口座番号を採番・登録してもらいました。機構に登録されるのは2営業日かかるそうですがこれで移管できます。
(加入者口座番号は私が採番した番号と一致していたので、松井証券に移管申請書を再送する手間は省けました)

 

<3>シーズ・ホールディングスのSMBC日興証券への移管とTOBへの応募

 

翌日金曜日(11/16)に松井証券の口座からシーズ・ホールディングスの株が消えていました。移管手続きが進んだようです。

 

翌週火曜日(11/20)の夕方にSMBC日興証券から入庫されましたという電話がありました。
翌日水曜日(11/21)にSMBC日興証券のマイページにシーズ・ホールディングスが表示されました。
TOBはマイページの画面で応募できました。現金は2019年1月17日にSMBC日興証券の現金口座に入金されるそうです。TOB終了の1週間後ですね。
 

以上、初めてのTOBですがいろいろ勉強になりました。
 

 

 

 


コメント
コメントする








   

thanks(from 2006/10/8)

(除く 13/10/3〜14/10/26)

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>





selected entries

categories

archives

recent comment

  • ジーゲスクランツのシフォンケーキ美味しかった
    ヒロキ
  • 楽天市場ジェイ・エス・エルジャパン での自転車購入大失敗です。
    ゆう
  • 楽天市場ジェイ・エス・エルジャパン での自転車購入大失敗です。
    私も失敗
  • イートレンド(e-trend)から注文の品、まだ届きません
    ゆう
  • イートレンド(e-trend)から注文の品、まだ届きません
    ぶらまる
  • 恵安株式会社にHDD着払い返却拒否されてしまいました
    あれ
  • 新入社員初給料、手取りはいくらになるでしょう。
    ゆう
  • 新入社員初給料、手取りはいくらになるでしょう。
    ゆら
  • JR東日本で忘れ物をした場合は
    洋平
  • 恵安株式会社にHDD着払い返却拒否されてしまいました
    n

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM